日本自動車博物館 名車解説ブログ

日本自動車博物館おおぶち博士の名車解説です。(展示車は予告なく変更されることがあります。)
マツダ キャロル360 4ドア
マツダ キャロル360 4ドア 1966年(昭和41年) 




■全長/全幅/全高 2,980×1,295×1,340mm ■車両重量 525kg
■エンジン 水冷直列 OHV4 気筒 ■総排気量 358cc
■最高出力 18ps/6,800rpm ■最大トルク 2.1kg-m/5,000rpm
■変速機 4 速M/T ■乗車定員 4 人


 特徴は軽乗用車でありながら、ボンネット、キャビン車体後部のエンジンルームが外見的に分離した「完全3ボックススタイル」を用い後部座席背面のリアウインドウ部分はガラスを垂直に立てた「クリフカット」型として、ヘッドクリアランスの確保とエンジンフードの開口面積を稼ぐ手法を採ったことである。
 このデザインは、イギリスのフォード・アングリア1959年などとよく似たデザインである。
パワートレーンも当時の軽規格の360ccながら、水冷4ストローク直列4気筒OHVのアルミシリンダーエンジンで、それをリアに横置き搭載した後輪駆動車である。


この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこちら

マツダ : comments (x) : trackback (x)
マツダ コスモスポーツ
マツダ コスモスポーツ 1968年(昭和43年)



■全長/全幅/全高 4,130×1,595×1,165mm ■車両重量 960kg ■エンジン ロータリーエンジン(2 ロータ) ■総排気量 491cc×2 ■最高出力 128ps/7000rpm ■最大トルク 14.2kg-m/5000rpm ■変速機 5 速MT ■乗車定員 2人


1967年5月(昭和42年)から市販化された我が国初のロータリーエンジン車で全高1165mmと いう非常に低い2座スポーツに仕上げられた。
後のド・ディオン・アクスルは、バネ下重量を軽くできるという利点を持つが、コスモの場合はむしろ プロペラシャフトのトンネルを下げてボディを低める事が狙いのようだ。
昭和42年5月から5年3ヶ月にわたり月平均20台弱生産し昭和47年9月まで累計1176台を 造って生産を中止した。
この車両は中期型である。


この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこちら 
マツダ : comments (x) : trackback (x)
マツダ・カペラ(金箔 ゴールドカー)
■マツダ・カペラ「純金箔 1000枚使用の ゴールドカー」1989年(昭和64年)



 この車は、金を限りなく薄く延ばし厚さ1万分の3弌β腓さ3寸6分(約109弌乏僂龍眷鵑鯑端譴弊榁綺泙1000枚貼り、表面の金箔のムラが無く、しかも洗車可能なコーティング剤を使用している。

作業は全て手作業で、製作の金沢市・兼六仏壇店が開発に8年の年月をかけた。

このような金箔車はもちろん日本に1台。
スカート部分には、加賀友禅の水鳥の紋様が描かれている。


この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこちら 
マツダ : comments (x) : trackback (x)
Sep.2017
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 405 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。