日本自動車博物館 名車解説ブログ

日本自動車博物館おおぶち博士の名車解説です。(展示車は予告なく変更されることがあります。)
トヨペット マスター
トヨペット マスター 1955年(昭和30年)



■全長/全幅/全高 4,275×1,670×1,550mm ■車両重量 1,210Kg
■エンジン 水冷直列4気筒OHV ■総排気量 1,453cc
■最高出力 48ps/4,000rpm ■最大トルク 10.0kg-m/2,400rpm
■変速機 前進3段 ■乗車定員 6人 ■当時価格 91.48万


トヨペットスーパーのシャシーをベースに、全長と全幅を拡大したボディはデ ザインも一新されタクシー用の商業車として開発され、室内ではフロントシート やトランクスペースをある程度犠牲にし、リアシートを重視してつくられた。
又ボディの設計製造は、関東自動車工業が担当し国内だけでなく海外での評価 も非常に高かった。そのため左ハンドルモデルや2ドアのコンバーチブルなどが制作 され、海外に輸出されていた。


この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこちら 
トヨタ : comments (x) : trackback (x)
Nov.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 405 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。